00

~ 物語 ~
Story


人族、羽族、鮫族、河洛、夸父、そして謎に満ちた魅族が息づく広大な九州大陸。長きにわたって天下を支配してきた皇族の牧雲氏と、その補佐役で軍事貴族の穆如氏によって、何世代もの秩序と平和が保てられてきた。しかし両者の間で築き上げてきた強い絆は、ある予言によって崩壊しようとしていた。

「六皇子の牧雲笙が帝王剣を手にした時、大いなる厄災が降りかかり世界は崩壊し、そして穆如寒江が次の帝王になる―」という予言は両家の信頼関係を大きく揺らぐものとなり、宮廷では一触即発の危機に瀕していた。

牧雲栾

その混乱に乗じて、皇帝牧雲勤の実弟で宛州鄴王の牧雲栾は、息子の牧雲德に経済の中心地である宛州の商会を掌握させて莫大な富を築き上げた。長年、牧雲栾は牧雲勤から受けた過去の屈辱を根に持ち、九州各地の貴族と密謀し、河洛族に兵器を製造させて帝位簒奪しようと、静かにその機会を伺っていた―。

▼ == 続きを読む == ▼