中州

~ 九州大陸 中州 ~
Novoland Zhong Zhou

【 地理 】
東陸西部に位置する中州は九州世界の中心であり、数千年前の晁朝から今日まで、華族の礎にもなった帝都天啓城の所在地でもある。東は瀾州、南は宛州と接しており、西は広大な滁潦海に面し、北の瀚州とは天拓海峡によって隔てられている。

john-paul-walsh-3623

中州は山脈と平原が目立ち、東部は高く、西部は低い地形となっている。瀾州の擎梁山と夜北高原、また東陸を横切る雷眼山脈から、それぞれ伸びた二本の隆起帯、即ち銘濼山と黯嵐山が天啓城を囲むように形成されている。中州の北部は広大な菸河平原があり、菸河平原の南部には中央高地と帝都盆地、西部には南北に延びる海西丘陵と川西平原がある。

luca-bravo-221853

中州の気候は季節によって顕著な変化はあるが、比較的温和で居住に適している。植被は主に樹木となっており、またその気候性の影響を受け、陰樹林、夏緑樹林、落葉広葉樹林といった様々な季節性森林地帯が存在している。

【 種族 】
主要居住種族は"華族"と呼ばれる人族。北陸で遊牧文化とするのを"蛮族"、東陸で農耕文化とする人族を"華族"と呼ぶ。全種族の中でも多種多様な身分制度があり、特に貴族階級を重視する中州ではより如実に表れている。

【 都市 】
天啓城:帝都盆地の南西部も位置し、晁朝に三陸を統一し、州を九分した時代から既に繁栄を極めた都であった。数千年以来、九州は世界の中心地でありと、天啓城もまた九州の中心に位置していると信じられてきた。

jiuzhou02

中州02

jiuzhou03

殤陽関:"東陸第二の関所"と呼ばれている殤陽関は、黯嵐山と北邙山が交わる場所に位置し、宛州と越州が中州へと通じる重要な要塞。北は帝都盆地、南は楚唐平原。南北十万拓の平原を守護する役目を兼ねているため、中州では重要視されている。

jiuzhou15b

泉明:中州で"明珠"と呼ばれている重要な港城。滁潦海の中部に位置し、南は宛州諸港との貿易、北は北陸を一望できる。泉明を南北から挟むように位置する大明山と小明山には、遠洋貿易へと赴く船員への安全祈願が刻まれた碑文が数多く見られる。

【 名所 】
中央高地、海西丘陵、黯嵐山脈、鎖河山脈、銘濼山、帝都平原、楚唐平原、菸河平原、菸河、蘭綴江


百度百科:「九州地理-中州」より抜粋