九州海上牧雲記

東洋ファンタジードラマ『九州海上牧雲記』応援ブログ



九州大陸概要

『九州海上牧雲記』九州地理 - 雷州

雷州

~ 九州大陸 雷州 ~
Novoland Lei Zhou


【 地理 】
雷州は西陸の東南部に位置し、北は巨大な熱帯雨林を擁する雲州と隣接し、東側は海を挟んで宛州と隣接。土地面積は約11万拓。大地のほとんど油分が豊富に含んだ赤土で、穀物と瓜がよく成熟する。町や都市は水路が交差する場所によく建てられており、未開拓の地域は人の立ち入った痕跡のない熱帯雨林。

雷州はその土地の性質上、数多くの植被に覆われ水路も複雑なため、ごく少数の港町や内陸都市だけが比較的に密集して開発されている。雷州を完全なる大地として捉えるよりも、数多な水域に存在している小島によって密集して形成されていると考えた方が正しい。

drew-coffman-113396

雷州には蜘蛛の巣のように張り巡らされ五大水系があり、それぞれ帕帕爾河、逢南河、錫甫河、托曼多河、喬杜答默河と呼ばれている。その複雑な水路のため、人の足で踏み入る事の出来ない地域が数多く存在しており、およそ土地面積の二分の一しか探索されていない。そのため、未だに多くの謎が残されており、伝説に満ちた神秘な大地になっている

cats

雷州の春季は二月から四月までと短く、気候が温暖化するにつれ、多種多様な花が満開し、その錦のような鮮やかで美しい模様から、当地の人間は春季を「錦季」とも呼んでいる。錦季になると各地は豊作祈祷の祭典が多く行われる季節でもある。

五月からは長い雨季に入り、季節風天気が訪れるまではずっと続く。十月以降は「葉季」と呼ばれる冬季が始まり、一年のうち、最も快適に過ごせる短い季節である。樹木の葉が落ち始めると同時に新芽が生えるという珍しい気候。

【 都市 】
人族最古の発祥地となっているが、太古の水災によって形成された地中三海により、長い間、外界とほぼ隔絶した状態となっている。そのため、東陸と北陸の人間からは、雷州は原始的な森林と沼に覆われた不毛な地として認識されていた。また当地の住民も長期間に渡る疫病や自然災害により、各地転々と居住し、文明もほぼ昔のままになっている。

気候と風土の関係上、雷州の人々の肌色は濃く、髪の毛も硬くて黒い。東陸や北陸の人間はこれを未開拓の地の象徴として捉えている。雷州もかつては高度な文明を有しており、たとえ疫病や自然災害経過後も、その独特で優美な文明は少なからず各地で垣間見る事が出来る。

【 都市 】
華鉢羅:帕帕爾河の入り江付近に位置する西陸で有名な港町。帕帕爾河は雷州の南から北に沿って流れており、水路は比較的に広くて穏やかで、内陸への物資運輸に適している。沿岸市街では手工業、宝石加工業、紡織職などが発達しており、歴史上、ほとんどの雷州の国家は領地内で最も優れた港を国都として選び、国家間での戦争も、その領地争いによって勃発している。華鉢羅はまさにその争奪戦が最も激しい港の一つである。

弥足城:雷州東部の沐河平原に位置し、城西十数キロ離れた場所は沐河と雷州で水量第二位を誇る碧游江と合流している。凝翼半島から雷州の中州へ入るには、弥足城を避けては通れない。雷州の多くの城は人間族の古代語から命名されているが、"弥足"だけは蛮族語で"前哨"を意味している。以前この城は端朝軍隊の陣営にもなっており、隆治三十七年に建造された。

百度百科:「九州地理-雲州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 雲州

雲州

~ 九州大陸 雲州 ~
Novoland Yun Zhou

【 地理 】
かつては資源豊富な大地だったが、大規模な疫病によって住民は死に絶え、その後の干ばつによって現在のような荒れ果てた姿となった。ここに住む者はいないものの、朝廷に追われた罪人や古代の財宝を追い求める命知らずな盗賊などが姿を隠しながら生活している。

dominik-schroder-329569

面積は約12万拓。南部は雷州と沈沙海海湾を境界としている。西部には天まで高く聳え立つ赤華山脈があり、東部は丘陵地帯で、地形は若干高くなっている。中部には広大な砂漠地帯となっており、いくもの谷と山と交錯するように存在している。

【 種族 】
ごく少数の人族が暮らしている。

【 都市 】
未知

【 名所 】
未知


百度百科:「九州地理-雲州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 越州

越州

~ 九州大陸 越州 ~
Novoland Yue Zhou


【 地理 】
東陸を横断する雷眼山は越州を瀾州中州と大きく隔て、西側に果てしなく南北に延びる北邙山もまた越州を宛州と隔てるような特殊地形となっている。越州の面積は約12万拓で、宛州より若干広く、東陸四州のうち、三番目の土地面積を持っている。

ron-manke-20667

越州は東陸で最も地形が複雑な州であり、九州全土で探索できる地形風貌は全てここで見る事が出来る。越州の主要地形は山脈であり、北の雷眼山と西の北邙山は越州を囲い、また越州境内には中白山と清余岭という地形が極めて険悪な山も存在している。こうした山脈地形によって九州の人々は、越州は決して踏み入る事が出来ない土地だと強く信じられており、古くから様々な伝説が残されてきた。

eutah-mizushima-34207

越州はその特殊な地形から全体が湿気に覆われ、年間平均気温は東陸では最も高く、夏季は炎熱で多湿。越州全体は広い常緑広葉樹林に覆われており、その面積は土地の六割も占めている。

【 種族 】
越州も宛州と同様、ごく少数の華族を除けば、河絡族はこの土地最古の開拓者である。河洛族の特徴は居住する地域によって変化する事はなく、宛州の河絡族と同様の製造技術を保有している。

【 都市 】
九原城:九原城は雷眼山に位置し、宛州と越州二 州で唯一、山間に築かれた人間の城。胤朝年間は離国の都城にもなっていた。

【 名所 】
雷眼山脈:東陸で最大級を誇る山脈で、度々東陸の脊髄として例えられる。

北邙山:南北方向へと横たわり、雁返湖から浩瀚洋へと延びている。主峰は初始神山で、河絡語では「無諾峰」、意味は「天地が開けた初めの山」を意味する。

清余岭:越州で最も恐ろしい山脈。その見た目が美しい丘陵とは裏腹に、活火山地帯となっている。多発する地震と、至る所で見る事ができる溶岩と毒気は致命的であり、決して乗り越える事ができない。

大雷澤:北邙山と清余岭の間に位置し、山の溶け水と清余岭の水源が合わさり形成された湿地帯。

雷中平原:雷眼山と中白山の間に位置し、越州では珍しい平坦な地形の草原牧場。


百度百科:「九州地理-越州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 宛州

宛州

~ 九州大陸 宛州 ~
Novoland Wan Zhou


【 地理 】
九州東陸西部に位置し、華族が集中する居住地。北は中州、東は越州と隣接しており、九州で最も富裕な地域。東陸諸州では最小面積だが、歴史上において、商業経済発展に力を注いできた宛州商会は、朝政からも一目から置かれた特別な存在となっており、その財力は国庫にも匹敵するという。

jeremy-cai-1169

宛州の地形は建水と西江、及び複数の河川によって地域が細かく分割されており、大部分は丘陵帯を形成している。中州と隣接する楚唐平原、そして海へと繋がる建水流域の南部に位置する宛南平原のみが最も平坦な地形となっている。東側は雷眼山脈と北邙山脈を受け、地形は比較的複雑。

juan-davila-153912

宛州は海洋性気候で非常に過ごしやすく、降水量も適度である。この環境において木本植物の生育に適しており、広葉樹林が主な植被となっている。そのため、宛州南部では広大な"幻象森林"と呼ばれている大森林が形成されている。

【 種族 】
主に居住している華族を除けば、宛州は河洛族の集中居住地の一つでもある。また宛州各地は河洛族の巧みな技術の痕跡が残されており、その中でも宛州十城は特に河洛族特有な建築様式によって建造された。宛州に暮らす河洛族は自分の宗教信仰に敬虔で、得意とする製造技術の向上と、華族との積極的な交流貿易を続けている。

宛州03

【 都市 】
南淮城:越遼山麓の南側に位置し、胤末時期は下唐の国都として、東陸においては中州の天啓城に次ぐ繁栄した都となっている。

宛州十城:面積最大を誇る淮安城は楚唐平原の南西側に位置し、ここは西江の河口でもある。西江の向こうにある南暮山を一望できる。最古最小の青石城は南暮山脈に東端にあり、楚唐平原の交通要所である。

白水城:夢沼の南東側にあり、宛州八景の二景がこの白水城の中にある。衡玉城は西陸に最も隣接しており、雲望海峡を挟んだ向こう側に西陸の半島を一望できる。

和鎮城:和鎮城は幻象森林と隣接し、良質な材木を各地に提供している。そのため、かつて帝国の造船中心地として一時的に繁栄を極めた。

【 名所 】
南暮山、莫合山、九隆山脈、雁返湖、幻象森林、宛州八景(雷壑飛瓊、驛路煙塵、江山夢晩、月影林音、渺南落英、長雁送日、流光絶影、古台残陽)


百度百科:「九州地理-宛州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 中州

中州

~ 九州大陸 中州 ~
Novoland Zhong Zhou

【 地理 】
東陸西部に位置する中州は九州世界の中心であり、数千年前の晁朝から今日まで、華族の礎にもなった帝都天啓城の所在地でもある。東は瀾州、南は宛州と接しており、西は広大な滁潦海に面し、北の瀚州とは天拓海峡によって隔てられている。

john-paul-walsh-3623

中州は山脈と平原が目立ち、東部は高く、西部は低い地形となっている。瀾州の擎梁山と夜北高原、また東陸を横切る雷眼山脈から、それぞれ伸びた二本の隆起帯、即ち銘濼山と黯嵐山が天啓城を囲むように形成されている。中州の北部は広大な菸河平原があり、菸河平原の南部には中央高地と帝都盆地、西部には南北に延びる海西丘陵と川西平原がある。

luca-bravo-221853

中州の気候は季節によって顕著な変化はあるが、比較的温和で居住に適している。植被は主に樹木となっており、またその気候性の影響を受け、陰樹林、夏緑樹林、落葉広葉樹林といった様々な季節性森林地帯が存在している。

【 種族 】
主要居住種族は"華族"と呼ばれる人族。北陸で遊牧文化とするのを"蛮族"、東陸で農耕文化とする人族を"華族"と呼ぶ。全種族の中でも多種多様な身分制度があり、特に貴族階級を重視する中州ではより如実に表れている。

【 都市 】
天啓城:帝都盆地の南西部も位置し、晁朝に三陸を統一し、州を九分した時代から既に繁栄を極めた都であった。数千年以来、九州は世界の中心地でありと、天啓城もまた九州の中心に位置していると信じられてきた。

jiuzhou02

中州02

jiuzhou03

殤陽関:"東陸第二の関所"と呼ばれている殤陽関は、黯嵐山と北邙山が交わる場所に位置し、宛州と越州が中州へと通じる重要な要塞。北は帝都盆地、南は楚唐平原。南北十万拓の平原を守護する役目を兼ねているため、中州では重要視されている。

jiuzhou15b

泉明:中州で"明珠"と呼ばれている重要な港城。滁潦海の中部に位置し、南は宛州諸港との貿易、北は北陸を一望できる。泉明を南北から挟むように位置する大明山と小明山には、遠洋貿易へと赴く船員への安全祈願が刻まれた碑文が数多く見られる。

【 名所 】
中央高地、海西丘陵、黯嵐山脈、鎖河山脈、銘濼山、帝都平原、楚唐平原、菸河平原、菸河、蘭綴江


百度百科:「九州地理-中州」より抜粋


管理人NOB

中国東洋ファンタジードラマ『九州海上牧雲記』関連情報を発信しています。
武侠天下Twitter
LINE登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
九州大陸 移住総人口
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google検索
サイト内記事検索
最新コメント
スポンサードリンク


  • ライブドアブログ