九州海上牧雲記

東洋ファンタジードラマ『九州海上牧雲記』応援ブログ



九州大陸概要

『九州海上牧雲記』九州地理 - 雷州

雷州

~ 九州大陸 雷州 ~
Novolands Lei Zhou


【 地理 】
雷州位于西陆的东南部,北接莽林万顷的云州,东面则与东陆宛州隔海相望。面积约为十一万拓。全境的土地几乎都是肥沃油润的红土,谷物与瓜果一年多熟。城市总是位于水道交汇之处,未开垦的地区多是人迹罕至的热带雨林。

由于雷州植被幽密,水道庞杂,只有沿海港口与少数内陆城市得到了较为密集的开发,人口的绝大部分也聚集在上述地区。与其说雷州是一片完整的土地,不如说它是镶嵌在水流中的无数大大小小的岛屿。雷州的五大水系蛛网交错,按照水系干流入海口自北而南排列,分别是帕帕尔河、逢南河、锡甫河、托曼多河、乔杜答默河。这五条干流又分出不可胜数的支流,在雷州的海岸线上冲刷出许多港湾与锚地。从地理意义来说,雷州被实际探明的部分只有总面积的二分之一左右。它仍是一片充满谜题与传说的土地。

雷州的春季是短暂的,二月到四月间,气候逐渐转暖,繁花怒放,铺陈似锦,因此这段时间被雷州人叫做锦季,也是各地纷纷举行祭典祈求当年丰收的季节。从五月起,漫长湿热的雨季将一直持续下去,直到清爽的季风天气到来为止。十月之后,北陆已经进入初冬的节令,东陆的天气在经过长夏之后也变得凉爽,但此时的雷州气候仍然晴和。从锦季开始,经过丰饶热烈的十个月之后,雷州的冬季终于降临了,这是所谓的叶季,一年中最舒适也最短促的季节。树木开始落叶,然而几乎同时就会生出新的绿叶,那些凋落在地的叶子将会逐渐变成腐殖土的一部分。

【 種族 】
尽管是人类最早的发源地所在,雷州的人类居民在地中三海产生后的很长时间内和外界保持隔绝状态,以致东陆和北陆的居民认为雷州完全是一片被原始森林与沼泽覆盖的荒芜之地。而当地的居民长期受到瘟疫与灾变的折磨,分居各处,文明在相当长时间内保持蒙昧状态。

由于气候与水土的关系,雷州人的肤色相当深,毛发浓黑,东陆、北陆的人类居民认为这是未开化的象征。然而,这片土地上曾经孕育出高度的文明,即使在瘟疫与灾变过后,这种独特美丽的文明仍有相当部分得以存留延续。

【 都市 】
毕钵罗:西陆的名港之一。毕钵罗位于帕帕尔河的入海口处。帕帕尔河自南向北流经雷州西部,水道相对宽阔平直,适于内河航运的需求,干流沿岸手工业、宝石加工业、纺织业较为发达。历史上,几乎所有的雷州国家都会选择领地内最好的港口作为国都,国与国之间,不少战争也是为了争夺入海口而起。毕钵罗港正是争夺最激烈的港口之一。

弥足城:弥足城位于雷州东部的沐河平原上,城西北十数里处便是沐河与雷州水量第二的碧游江汇流之处。从凝翼半岛进入雷州腹地,弥足城是必经之路。雷州的绝大多数城邑都使用人族古语命名,但“弥足”却是地道的蛮族语,意为“前哨”。这座城市的前身确实只是端朝军队的一处营垒,始建于隆治三十七年。

【 名所 】
準備中


百度百科:「九州地理-雲州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 雲州

雲州

~ 九州大陸 雲州 ~
Novolands Yun Zhou

【 地理 】
かつては資源豊富な大地だったが、大規模な疫病によって住民は死に絶え、その後の干ばつによって現在のような荒れ果てた大地へとなった。ここに住む者はいないものの、朝廷に追われた罪人や秘宝の在処を追い求める命知らずなごろつきが姿を隠しながら生きている。

面積は約12万拓。南部は雷州と沈沙海海湾を境界としている。西部には天まで高く聳え立つ赤華山脈があり、東部は丘陵地帯で、地形は若干高くなっている。中部には広大な砂漠地帯となっており、いくもの谷と山と交錯するように存在している。

【 種族 】
未知

【 都市 】
未知

【 名所 】
未知


百度百科:「九州地理-雲州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 越州

越州

~ 九州大陸 越州 ~
Novolands Yue Zhou


【 地理 】翻訳準備中
横贯东陆的雷眼山把越州与澜州中州分隔开来,莽莽的北邙山则架在它和宛州之间,连绵的山脉就这样把越州牢牢锁在东陆东南。越州面积约十二万拓,略大于宛州,在东陆四州中列于第三。

越州是整个东陆地势最复杂的一个州,所有人们已探知的地形地貌都可以在这里找到。越州的主要地形是山脉,北面的雷眼山和西面的北邙山将越州困锁起来,同时越州境内中还有白山和清余岭两座同样险恶的大山,这使得越州南部的土地自古就有所谓“来历不明”的传说,九州的居民大都相信越州是不可能被穿越的。

越州中部和西部地区以丘陵和低山为主,雷眼、北邙山脉诸多延伸山脉呈绵延不断的岭脊,主要是块状山,峰峦耸立,山坡陡峭,岩石裸露,地形十分崎岖,东部和北部沿岸沙洲、泻湖较多,东南部还有珊瑚礁海岸。

越州全境水汽充沛,空气湿度较高,年平均温度为东陆最高,夏季炎热潮湿。越州的基本植被是常绿阔叶林群落,不限于分布在沿海和平原地区,沿河谷深入到山地内部,全境森林覆盖极高,超过全境面积的六成。

【 種族 】
人族和河络

【 都市 】
九原城:九原城位于雷眼山中,是宛越二州唯一一座位于山中的人类大城,胤朝年间曾为离国的都城。

【 名所 】
雷眼山脉:是东陆最大也是最高的山脉,基本是西北—东南走向,它气势磅礴、无边无际的身躯在人类的诗歌中经常被比做东陆的脊梁,而雷眼山的绝大部分山体都位于越州境内。

北邙山:南北走向,由雁返湖一直延伸到南浩瀚洋,它的主峰是初始神山,在河络语为“无诺峰”,意思应该是“太初之山”。

清余岭:是越州最可怕的山脉。清余岭的山势并不陡峭,但是那柔美且不尽的山丘里有许多是仍然活跃的火山,多发的地震以及随处可见的熔岩和毒气是致命的、难以穿越的障碍。

大雷泽:位于北邙山和清余岭之间。北邙的融雪和清余岭的水源,汇聚在一起形成了这片湿地;平缓的波河从大雷泽中穿过注入南边的海洋。

雷中平原:位于雷眼山与中白山之间,是越州少见的草原牧场,也是越州群山中难得的平坦区域。


百度百科:「九州地理-越州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 宛州

宛州

~ 九州大陸 宛州 ~
Novolands Wan Zhou


【 地理 】
九州東陸西部に位置し、華族が集中する居住地。北は中州、東は越州と隣接しており、九州で最も富裕の地区。東陸諸州では最小面積だが、歴史発展上において、商業経済発展に力を注いできた宛州商会は、朝政からも一目から置かれた特別な存在となっており、その巨大な富は国庫にも匹敵するという。

宛州の地形は建水と西江、及び複数の河川によって地域が細かく分割されており、大部分は丘陵帯を形成し、中州と隣接する楚唐平原、そして海へと繋がる建水流域の南部に位置する宛南平原のみが最も平坦な地形となっているまた雷眼山脈と北邙山脈を受け、地形も比較的複雑。

宛州は海洋性気候で非常に過ごしやすく、降水量も適度。この環境において木本植物の生育に適しており、広葉樹林が主な植被となっている。そのため、宛州南部では広大な"幻象森林"が形成されている。

【 種族 】
現在は主に華族の居住地となっているが、かつては河洛族とも共同生活をしていた。現在ある宛州の城や街は、建築技術に優れた河洛族が残した建築基礎上で再建している。

宛州03

【 都市 】
南淮城:越遼山麓の南側に位置し、胤末時期は下唐の国都として、東陸においては中州の天啓城に次ぐ繁栄した都となっている。

宛州十城:面積最大の淮安城は楚唐平原の南西側に位置し、ここは西江の河口でもある。西江の向こうにある南暮山を一望できる。最古最小の青石城は南暮山脈に東端にあり、楚唐平原の交通要所である。

白水城は夢沼の南東側にあり、宛州八景の二景がこの白水城の中にある。衡玉城は西陸に最も隣接しており、雲望海峡を挟んだ向こう側に西陸の半島を一望できる。和鎮城は幻象森林と隣接し、良質な材木を各地に提供している。そのため、かつて帝国の造船中心として一時的に繁栄を極めた。

【 名所 】
南暮山、莫合山、九隆山脈、雁返湖、幻象森林、宛州八景(雷壑飛瓊、驛路煙塵、江山夢晩、月影林音、渺南落英、長雁送日、流光絶影、古台残陽)


百度百科:「九州地理-宛州」より抜粋


『九州海上牧雲記』九州地理 - 中州

中州

~ 九州大陸 中州 ~
Novolands Zhong Zhou

【 地理 】
東陸西部に位置する中州は九州世界の中心であり、数千年前の晁朝から今日まで、華族の礎にもなった帝都天啓城の所在地でもある。東は瀾州、南は宛州と接しており、西は広大な滁潦海に面し、北の瀚州とは天拓海峡によって隔てられている。

中州は山脈と平原が目立ち、東部は高く、西部は低い地形となっている。瀾州の擎梁山と夜北高原、また東陸を横切る雷眼山脈から、それぞれ伸びた二本の隆起帯、即ち銘濼山と黯嵐山が天啓城を囲むように形成されている。

中州の北部は広大な菸河平原があり、菸河平原の南部には中央高地と帝都盆地、西部には南北に延びる海西丘陵と川西平原がある。

中州の気候は季節によって顕著な変化はあるが、比較的温和で居住に適している。植被は主に樹木となっており、またその気候性の影響を受け、陰樹林、夏緑樹林、落葉広葉樹林といった様々な季節性森林地帯が存在している。

【 種族 】
主要居住種族は"華族"と呼ばれる人族。北陸で遊牧文化とするのを"蛮族"、東陸で農耕文化とする人族を"華族"と呼ぶ。全種族の中でも多種多様の身分制度があり、特に貴族階級を重視する中州ではより如実に表れている。

中州02

【 都市 】
天啓城:帝都盆地の南西部も位置し、晁朝に三陸を統一し、州を九分した時代から既に繁栄を極めた都であった。数千年以来、九州は世界の中心地でありと、天啓城もまた九州の中心に位置していると信じられてきた。

殤陽関:"東陸第二の関所"と呼ばれている殤陽関は、黯嵐山と北邙山が交わる場所に位置し、宛州と越州が中州へと通じる重要な要塞。北は帝都盆地、南は楚唐平原。南北十万拓の平原を守護する役目を兼ねているため、中州では重要視されている。

泉明:中州で"明珠"と呼ばれている重要な港城。滁潦海の中部に位置し、南は宛州諸港との貿易、北は北陸を一望できる。泉明を南北から挟むように位置する大明山と小明山には、遠洋貿易へと赴く船員への安全祈願が刻まれた碑文が数多く見られる。

【 名所 】
中央高地、海西丘陵、黯嵐山脈、鎖河山脈、銘濼山、帝都平原、楚唐平原、菸河平原、菸河、蘭綴江


百度百科:「九州地理-中州」より抜粋


管理人NOB

中国東洋ファンタジードラマ『九州海上牧雲記』関連情報を発信しています。
武侠天下Twitter
九州海上牧雲記 片花

LINE登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
九州大陸 移住総人口
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google検索
サイト内記事検索
最新コメント
スポンサードリンク


  • ライブドアブログ